TOP会社案内製品案内プラント建設業務ラボ試験業務お問い合わせ
製品案内
TOP > 製品案内 > その他 > 磁力選別機

磁力選別機



磁力選別機

磁力選別機
特徴

表面磁束密度が10,000~13,000ガウスの強力な永久磁石をローラやパイプに組み込み、通過する材料中の鉄系不純物を連続的に除去します。

ディスク形状の磁石が数枚組み合わされ、ローラ形状となっているAR型は主にコンベヤプーリとして使用され、コンベヤ先端排出部で除鉄を行います。

半月型の永久磁石が内蔵固定されたローラー形状となっているBR型はホッパー出口等、上下方向の材料流に配置して除鉄を行います。磁石側面で外周ローラ表面に吸着した不純物は、ローラと共に回転移動し、磁石の無いゾーンでローラの表面から剥離落下し、下部のポケットに回収されます。

CR型はパイプ内部に丸棒形状の永久磁石を挿入した物を格子状に配置し、上部から材料を通過させパイプ表面で不純物を捕集します。パイプユニットは写真の様に、材料通過シュートからスライド移動させた後、更に永久磁石のみをパイプ内からスライド移動させる事で 表面の不純物を回収する事ができます

  • 原料に応じてフェライト系やネオジウム系等の永久磁石の選択が可能です。
  • スライド機構により容易な清掃・異物回収が可能です。(CR型)
標準対応
乾式処理を対象とする機器です。乾式対応製品
連続処理を対象とする機器です。連続処理
オプション対応
対象材料に応じ、各種材質(耐摩耗、セラミックス等)の選択が可能です。ローラ材質
材料形状に応じ、ローラ表面の加工が可能です。ローラ形状
接粉部での付着防止として、スクレーパーの取付が可能です。スクレーバ
磁場中で対象材料の処理が可能です。磁石種類
駆動系の周波数変更が可能です。周波数
※上記オプション対応が可能です。各仕様は、別途詳細打ち合わせに基づき決定致します。弊社営業マンにお問い合わせ下さい。
印刷画面
仕様・シリーズ
型式 ローラ径
φ(mm)
回転数
(min-1)
外形寸法 (mm)
ローラ長L1 全長L2 軸径d
AR-126 150 30 260 440 24
AR-237 200 30 370 575 28
AR-337 250 30 370 620 30
AR-437 300 30 370 650 35
BR-125 150 30 250 488 24
BR-235 200 30 350 617 28
BR-335 250 30 350 640 30
BR-435 300 30 350 684 35
CR-2514 ネオジウム磁石φ25×190L×14本 @12,000G
※処理能力は対象材料・条件によって変動します。
印刷画面
関連製品