TOP会社案内製品案内プラント建設業務ラボ試験業務お問い合わせ
製品案内
TOP > 製品案内 > 乾燥・焼成機 > 多筒ロータリーキルン

多筒ロータリーキルン



多筒ロータリーキルン
特徴

自転する大型乾燥円筒(レトルト)内に、小径レトルトが多数固定配置された2重構造となっており、材料は外筒の回転に伴い外筒端面より個々の内筒へ供給されます。キルン外部には熱源が設置され、加熱されたエアーは送風機により外筒及び内筒へ送風されます。多筒構造の為、レトルト伝熱面積が大きく、単筒レトルトと比較して熱効率が向上しています。また設置面積も少なくできる利点があります。

標準対応
乾式処理を対象とする機器です。乾式対応製品
オプション対応
貴社御要望に応じた新規設計対応が可能です。新規設計
加熱処理において、電気/ガス熱源の選択が可能です。熱源選択
各種ガス雰囲気で対象材料の処理が可能です。雰囲気
目的粒子径に応じた分級や整粒が可能です。分級
※上記オプション対応が可能です。各仕様は、別途詳細打ち合わせに基づき決定致します。弊社営業マンにお問い合わせ下さい。
印刷画面
仕様・シリーズ
参考仕様
サイズ 9,500L×4,500W×4,250H
焼成部 レトルト間接加熱 レトルト材質SUS310S
小レトルト350A×6本  大レトルトΦ1,400×6,500L
勾配2/100 チェーン駆動INV可変速 動力5.5kw
熱源部 都市ガス13A バーナナ出力300,000kcal/h フレーム監視
燃焼ブロワ28m3/min 循環ファン150m3/min
処理量 Max900℃ 200kg/h(乾燥品)
※上記型式以外にも各種ラインアップを揃えています。
印刷画面
関連製品